交通事故で起こす可能性のある後遺障害とは


交通事故被害による後遺障害は数多くあります。もっとも多いのが「むち打ち」ですが、怪我の名前はむち打ちですが症状によって後遺障害認定等級が変わってきます。日常生活に影響がある症状を持つ人でも14級と認定されることがほとんどです。脊髄や神経部分にヘルニアが確認されることで12級、障害によって働く制限がかかる場合は7級や9級に該当しますが、むち打ちで9級や7級に該当するのはほとんどありません。そのため、むち打ちの等級認定は14級、高くても12級と考えておいた方がいいでしょう。

むち打ち症状としてはかなり影響が出ている人も多いのですが、むち打ちは一般的に軽く見られがちな部分があります。後遺障害慰謝料についても、弁護士がいない場合は僅かな金額にしかならないのが基本です。そのため、むち打ちの患者こそ、弁護士に依頼して後遺障害慰謝料請求に協力してもらいましょう。交通事故に強い弁護士であれば、むち打ちの後遺障害承認の経験が豊富な人もいます。経験を積んだ弁護士の力を借りて、損のないようにしましょう。

交通事故で起こりえる後遺障害はむち打ちだけではありません。脊髄損傷、目、口、鼻、耳の後遺障害、手足や高次脳機能障害蔓延性意識障害などもあげられます。交通事故の後遺障害と言っても、事故の程度によって一生涯影響の出るものがあります。同じ傷病名でも症状が異なることで、等級認定が上がる可能性もあり、専門の弁護士や医師と連携して等級申請をしましょう。